読書会LOG

R読書会/Zoom読書会

『小悪魔アザゼル18の物語』アイザック・アシモフ(新潮文庫)

R読書会 2024.01.20【テキスト】『小悪魔アザゼル18の物語』アイザック・アシモフ(新潮文庫)【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦者:参加者I>◆7~8年前、古本として買って読み、妙に琴線に触れた。願いが叶ってみると見込みとは違…

『五千回の生死』宮本輝(新潮文庫)

R読書会 2023.11.11【テキスト】『五千回の生死』宮本輝(新潮文庫)【参加人数】11名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦者:参加者K>宮本輝というと、映像化されている作品を含め長編が多いが、短編を読みたくて推薦させていただいた。載っているの…

『狭間の者たちへ』中西智佐乃(新潮社)

R読書会 2023.09.30【テキスト】『狭間の者たちへ』中西智佐乃(新潮社)【参加人数】6名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由:参加者A>◆今まで推薦したテキストは読んで面白かったから紹介していたが、今回は未読のまま推薦した。友人に「素晴…

『1984』ジョージ・オーウェル、田内志文訳(角川文庫)

R読書会 2023.08.05【テキスト】『1984』ジョージ・オーウェル、田内志文訳(角川文庫)【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦者(参加者H)>◆近頃、R読書会で『1984』の名前が出て(『絶縁』収録のディストピア的世界を描いた「無」「…

『薬指の標本』小川洋子(新潮文庫)

R読書会 2023.05.27【テキスト】『薬指の標本』小川洋子(新潮文庫)【参加人数】5名、感想提出1名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦者:参加者A(欠席)>[事前のレジュメより]《1》閉鎖的な空間で起きるミステリアスな物語 火傷の少女はどうした…

『絶縁』村田沙耶香、他(小学館)

R読書会 2023.04.15【テキスト】『絶縁』(小学館)「無」村田沙耶香「妻」アルフィアン・サアット/藤井光・訳「ポジティブレンガ」ハオ・ジンファン/大久保洋子・訳「燃える」ウィワット・ルートウィワットウォンサー/福冨渉・訳「秘密警察」韓麗珠/及…

『老乱』久坂部羊(朝日文庫)

R読書会 2023.03.04【テキスト】『老乱』久坂部羊(朝日文庫)【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者A)>◆転勤で岡山を去ることになったので、最後に紹介させていただけてよかった。ただ、暗く苦しいテーマの作品で申し訳…

『十二人の手紙』井上ひさし(中公文庫)★Zoom読書会

Zoom読書会 2023.01.28【テキスト】『十二人の手紙』井上ひさし(中公文庫)【参加人数】出席6名、感想提出2名 <推薦の理由(参加者F)>推薦した理由は、AさんがTwitterで「面白い」と書かれていて、また、R読書会で取り上げたあとも「最高に面白い」と聞…

『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ、土屋哲訳(岩波文庫)

R読書会 2023.01.28【テキスト】『やし酒飲み』エイモス・チュツオーラ、土屋哲訳(岩波文庫)【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者I)>数年ほど前から岩波のTwitter公式アカウントが話題にしていてタイトルだけは知って…

『線は、僕を描く』砥上裕將(講談社文庫)

Zoom読書会 2022.12.18【テキスト】『線は、僕を描く』砥上裕將(講談社文庫)【参加人数】出席7名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者G)>◆私はそこまでいろいろな本に触れてきたわけではないが、最近読んだ中で一番良かった本として推薦した。◆学生のころ…

「大聖堂」(『Carver's Dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選』より)レイモンド・カーヴァー、村上春樹訳(中公文庫)

Zoom読書会 2022.11.19【テキスト】「大聖堂」(『Carver's Dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選』より) レイモンド・カーヴァー、村上春樹訳(中公文庫)【参加人数】出席9名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者I)>私はフランス文学、ロシア文学、日本の…

『推し、燃ゆ』宇佐見りん

R読書会 2022.11.12【テキスト】『推し、燃ゆ』宇佐見りん(出版社の指定なし)【参加人数】6名、感想提出2名(事前1名/後日1名)※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者H)>◆R読書会に参加して初めての推薦。◆小説学校の86歳の先生が「…

「出身国」(『出身国』より)ドミトリイ・バーキン、秋草俊一郎訳(群像社ライブラリー)

Zoom読書会 2022.10.29【テキスト】「出身国」(『出身国』より) ドミトリイ・バーキン、秋草俊一郎訳(群像社ライブラリー)【参加人数】出席7名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者H)>◆私自身が知っていたわけではなく、たまたま知り合いからいただいた…

『十二人の手紙』井上ひさし(中公文庫)★R読書会

R読書会 2022.10.01【テキスト】『十二人の手紙』井上ひさし(中公文庫)【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者H)>ここ最近の読書会は、『戦争は女の顔をしていない』など大作が多く、私個人としては忍耐が必要な読書だ…

『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎(創元推理文庫)

Zoom読書会 2022.09.18【テキスト】『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎(創元推理文庫)【参加人数】出席7名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者H)>◆私が推薦したい本のリストがあって、その中から消去法で選んだ。◆結構前に読んで面白かった作品。…

『ブロークバック・マウンテン』E・アニー・プルー 、米塚真治訳(集英社文庫)

Zoom読書会 2022.08.21【テキスト】『ブロークバック・マウンテン』 E・アニー・プルー 、米塚真治訳(集英社文庫)【参加人数】出席5名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者E)>◆まず『ブロークバック・マウンテン』の映画を観て、そのあとに原作小説を読ん…

『ハンニバル戦争』佐藤賢一(中公文庫)

Zoom読書会 2022.07.31【テキスト】『ハンニバル戦争』佐藤賢一(中公文庫)【参加人数】出席4名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者E)>◆歴史小説といえば日本の戦国時代を思い浮かべる人も多いと思うが、西洋が舞台の作品もあり、また違った楽しみ方がで…

『高丘親王航海記』澁澤龍彥(文春文庫)

Zoom読書会 2022.06.26【テキスト】『高丘親王航海記』澁澤龍彥(文春文庫)【参加人数】出席4名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者E)>以前持っていた文庫本の字が小さくて、読めなくなったから新版を買い直した。古い版の小さい字が読めたくらい昔(十数…

『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、三浦みどり訳(岩波現代文庫)

R読書会 2022.06.18【テキスト】『戦争は女の顔をしていない』 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ、三浦みどり訳(岩波現代文庫)【参加人数】7名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者G)>Bさんが、NHK『100分de名著』のこの作品を取…

『熱帯』森見登美彦(文春文庫)

Zoom読書会 2022.05.29【テキスト】『熱帯』 森見登美彦(文春文庫)【参加人数】出席4名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者D)>◆(作中にコーラの自動販売機が登場するので)今日は缶のコーラを飲んでいます(笑)。※前回、作中にレモネードと葉巻が登場…

『供述によるとペレイラは…』アントニオ・タブッキ、須賀敦子訳(白水Uブックス)

Zoom読書会 2022.04.30【テキスト】『供述によるとペレイラは…』 アントニオ・タブッキ、須賀敦子訳(白水Uブックス)【参加人数】出席5名、推薦の理由・感想提出1名 <推薦の理由(参加者F/事前提出)>連日連夜、真偽不明の悲愴なニュースに流されて心ふ…

『黒牢城』米澤穂信(KADOKAWA)★R読書会

R読書会 2022.04.30【テキスト】『黒牢城』米澤穂信(KADOKAWA) 【参加人数】7名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者G)>◆第166回直木賞には、今村翔吾『塞王の楯』と米澤穂信『黒牢城』の2つが選ばれた。両方とも歴史小説。その中で…

『屍者の帝国』伊藤計劃✕円城塔(河出文庫)

Zoom読書会 2022.03.26【テキスト】『屍者の帝国』伊藤計劃✕円城塔(河出文庫)【参加人数】出席6名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者G)>読書会で推薦する作品となると日本語で読める小説に限られるのだけど、私の本棚に並ぶ日本語の本は絶対紹介できな…

『雪国』川端康成

R読書会 2022.03.21【テキスト】『雪国』川端康成(出版社の指定なし) 【参加人数】9名※オンラインでなく対面形式でした。 <推薦の理由(参加者A)>◆日本文学の中では有名な作品。読書会に際して改めて読み直し、非常に勉強になった。◆再読して印象に残っ…

『パラソルでパラシュート』一穂ミチ(講談社)

Zoom読書会 2022.02.26【テキスト】『パラソルでパラシュート』一穂ミチ(講談社)【参加人数】出席6名、感想提出1名 <推薦の理由(参加者G)>Zoom読書会では、男性作家の手による、現代以外や海外舞台の作品が続いていたので、たまには女性作家が書いた(…

『黒牢城』米澤穂信(KADOKAWA)★Zoom読書会

Zoom読書会 2022.01.22【テキスト】『黒牢城』米澤穂信(KADOKAWA)【参加人数】出席5名、感想提出1名 <推薦者の理由(参加者F)>『黒牢城』は、「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベス…

「銀河鉄道の夜」他1編(『読んでおきたいベスト集!宮沢賢治』)より(宝島社文庫)

Zoom読書会 2021.12.19【テキスト】「銀河鉄道の夜」他、参加者が自分で選んだ1編 (『読んでおきたいベスト集!宮沢賢治』)より 別冊宝島編集部 編(宝島社文庫)【参加人数】出席6名、感想提出1名 <推薦者の理由(参加者G)>私は読書量が少ないので、好…

『共喰い』田中慎弥(集英社文庫)

Zoom読書会 2021.11.27【テキスト】『共喰い』田中慎弥(集英社文庫) 【参加人数】出席6名、感想提出1名 <推薦者の理由(参加者G)>◆読んでいて、風景がとても想像しやすかった。映画は観ていないのに、「映画を観たんだっけ?」と錯覚してしまうくらい頭…

『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社)

R読書会 2021.11.27【テキスト】『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社) 【参加人数】7名※今回はオンラインでなく、久しぶりの対面形式でした。 <推薦の理由(参加者A)>凪良ゆうの『滅びの前のシャングリラ』を読み、ページを繰る手が止まらなかった。「読ま…

『82年生まれ、キム・ジヨン』チョ・ナムジュ、斎藤真理子訳(筑摩書房)

R読書会@オンライン 2021.10.31【テキスト】『82年生まれ、キム・ジヨン』 チョ・ナムジュ、斎藤真理子訳(筑摩書房) 【参加人数】8名 <推薦者の理由(参加者A)>女性史に詳しいFさんが参加してくださるということで、女性に関わる作品を取り上げようと…